主治医のような社会保険労務士法人オフィスオカモト

健康経営

健康経営とは?

健康経営とは?

健康経営(けんこうけいえい)とは、従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉え、その実践を図ることで従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上を目指す経営手法のこと。その始まりは、アメリカにおいて1992年に出版された「The Healthy Company」の著者で、経営学と心理学の専門家、ロバート・H・ローゼン(Robert H. Rosen)が提唱したことによるとされている。

(「健康経営」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2018年11月24日 (土) 10:45 UTC)
健康経営コンサルタントによるコンディショニング

健康経営コンサルタント
によるコンディショニング

オフィスオカモトでは、
コンディショニングコーチ“竹内 修平”氏に
健康経営コンサルタントとしてサポート頂いてます。

弊社では以下の目的・目標をもとに、
グループで全8回のワークショップを
行っていただいてます。

“竹内コーチが語る” 健康経営における
コンディショニングの重要性

定期健康診断の実施や、食生活の改善、受動喫煙対策など多岐にわたりますが、その中でも「従業員のコンディショニング」が重要になってきていると考えます。コンディショニングとは、簡単に言うと「体調(コンディション)を整える」ことを言います。これは、スポーツ選手のみならず、ビジネスマンにも重要です。

もちろん、自分の身体の特徴を知るには、各種専門家の助けが必要になります。その上で、専門家から得た知識をもとに、日常的にコンディショニングを実施することで、従業員のコンディションが良くなり、業務パフォーマンスが上がり、働きがいの向上等の好循環が起きてきます。このことから、健康経営における「従業員のコンディショニング」の重要性が高まってくると言えるでしょう。

コンディショニングの目的

スタッフ全員が、自分の身体の特徴を理解し、自分の身体に合ったコンディショニングの習慣を身につけること。

スタッフの目標
  • 個人カルテの作成
    “自分の身体がわかる”だから続けられる。
  • 個人面談サポート
    “はじめと終わりが肝心”納得感をもって実施できる。
  • 宿題プログラム
    “継続したい...でもやり方が分からない”を解決。
健康経営コンサルタント/コンディショニングコーチ竹内 修平

都内パーソナルトレーニング施設を経て、独立。「コンディショニングで、働く人を元気にする。」を理念に掲げ、企業へのコンディショニングサービスを提供。
主に、経営者や従業員の肩こり・腰痛を始めとする不定愁訴改善の為のプログラムを行なっている。2018年より当社顧問を務め、2019年から当社パートナーに就任。

取り組み

その他の取り組み

オフィスオカモトは、
協会けんぽ北海道支部のすすめる
「健康事業所宣言」をもとに、
取り組みを行っています。

3つの健康づくりメニュー
  • ①従業員の生活習慣改善の支援
  • ②検査・治療のための環境整備
  • ③社内での健康づくりの推進
社内での健康づくり推進の取組み
生活習慣改善の推進
・食事手当を支給し健康的な食生活のサポートを行う
・健康に関する研修会などに参加し内容の伝達を行う
・健康や健康イベントに関する情報発信を行う
・定期的に血圧や体重の測定を行う
運動の推進
・運動イベントを企画、開催する
喫煙対策
・禁煙手当を支給するなど喫煙者に禁煙推奨を行う
メンタルヘルス対策
・定期の「ノー残業デー」「プレミアムフライデー」を設定し定時退勤を徹底する
・計画的な年次有給休暇の取得を行う

健康経営関連リンク

報酬基準